ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

長友佑都選手、2連覇達成。

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190521195826p:plain

長友選手は持っています。

 

【ガラタサライが2連覇】

2019年5月19日、サッカー日本代表の、

長友佑都が所属するガラタサライが、

バシャクシェヒルに勝利し、

2年連続22回目の優勝を果たしました。

最後までリーグでは、優勝争いが、

繰り広げられていましたが、

最後は、結局粘り強さを見せ、

ガラタサライが優勝を果たしました。

 

【怪我に悩まされる時期】

長友選手は、一時、

怪我をしてしまい、

日本代表に選ばれずに、

しかも、クラブチームでも、

スタメン落ちしていた期間がありました。

日本代表には、怪我が理由で招集されていなかったわけではないので、

なんらかの危機感をきっと感じたでしょうし、

その時期に、熱い想いをツイッターにつぶやいたりしていました。

それは、まるで自分に言い聞かせるようなメッセージにも思えました。

 

【一貫したトレーニング】

しかし、彼は、

その逆境ともいえる状況を、

いつもの通り乗り越えることができたのです。

海外の選手でよくあるパターンが、

いくらスター選手とはいえ、

スタメンから外された時に、

モチベーションを下げ、

練習をしなくなったり、

不貞腐れたりすることがあります。

しかし、

ここは日本人気質なのか、

長友選手は、

そういう状況でも、

「努力することを怠らない」のです。

一貫して、

日々、ハードトレーニングを続けることにより、

状況に惑わされることなく、

自分のレベルアップに集中しているのです。

 

【壁を乗り越える】

そして、

そのトレーニングと、

「結果を出す」という強い覚悟からか、

彼は、怪我から復帰し、

出場した試合で、

サイドバックでありながら、

ゴールを決め、

見事、スタメンにカムバックすることができたのです。

そして、自らの手で、

リーグ2連覇という偉業を、

達成したのです。

 

【結果ではなく、過程を見る】

彼を見ていて、いつも思うのは、

どんな状況だろうが、

自分の行動にブレがないのです。

順境だろうが、逆境だろうが、

自分のすべきことに、フォーカスしており、

結果はご褒美程度にしか考えていないように思えるのです。

そして、どこか、

努力をしっかり積めば、

自ずと結果がついてくると、信じているようにも見えます。

環境、状況に左右されていては、

トレーニングにもムラができ、

結果も出たり出なかったりするかも知れません。

しかし、彼は、

自分のすべきことを、しっかり積み重ねることにより、

言い訳や後悔が生まれない状況を作り出しているのです。

 

【周りは成功だけを見る】

彼の成果を見ると、

長年インテルで活躍したり、

ガラタサライでレギュラーとして、優勝を経験したり、

全てが順風満帆に思えますが、

決してそうではありません。

周りは成功だけを見がちですが、

その何倍もの数、失敗を経験しているのです。

不遇の時も、

一貫して、前進し続けることが、

自分の本当の人生を手に入れる、

唯一の方法なのかも知れません。

成功者は、普通の人と比べて、

失敗数が圧倒的に多いのです。

それだけ、自分の夢に向かって、

たくさん挑戦しているということです。

逆に、成功を手にできない人の特徴は、

才能がないわけではなく、

挑戦しないことにあります。

したとしても、数が少ない。

もしくは、挑戦するまでに、

時間がかかりすぎているのです。

たくさんの人が躊躇している間に、

成功者はどんどん力をつけていくのです。

長友選手は、「努力は決して裏切らない」と話します。

努力することの大切さを実感しているのでしょう。

 

【自分にできること】

日々忙しく過ぎゆきますが、

今の自分が何もしなければ、

当然未来には何も生まれません。

大きな目標を掲げても、

一歩を積み重ねることができなければ、

進歩していくことはできないのです。

今ある環境にまずは感謝し、

そして更により良い世界で生きていく為にも、

行動を起こしていく。

それが出来るのは自分だけなのです。

思い描く理想の世界を実現される為にも、

日々努力していくことは欠かせないことかも知れません。

1日にできることをしっかりこなし、

その努力が、無駄になることはないと、

信じて、今日もまた前進していきましょう。

あなたの夢が成就されることを願っています。

共にがんばりましょう。

では、この辺で。

過去の人気記事はこちらです↓

 

www.jibunnoarikata.com

 

こちらは、私のオススメの本です↓