ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

投影の法則

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190428170257p:plain

投影の法則って知っていますか?

ほとんどの人が待っている

投影の法則というのは、

つまり、「投げかけたものが返ってくる」ということですが、

結構、人生においてこの法則は働いているなと感じます。

結論、人は、結構待っているんですよね。

自分から、何か投げかけることはあまりしないですが、

例えば、何か善意を受け取ったりすると、

「お返し」は結構します。

要は感謝はするが、

一歩目に、「感謝される行動」を取ることが少ないと思います。

当然と言えば、当然です。

理由は、その善意でさえも、断られることがあるからです。

全員が優しく返してくれたらいいですが、

そうではありません。

だから、一歩踏み出すには勇気がいるのです。

嫌な言い方をすれば、相手に対して、

「どう出るねん」と思っているのです。

そこで、自分に対して、友好的な態度を示してくれたら、

こちらも友好的な態度になるし、

冷たい態度をされたら、こちらも冷たい態度をとる。

みたいなことは多くあるんじゃないですかね。

 

一歩目は自分

そういう意味では、

理屈で言えば、

一歩目を自分から、友好的に踏み出せる人は、

一番モテますよね。

だって、大抵は、待っているのですから。

よく「あの人はチャラい」とか批判される人はいますが、

結局チャラい人が一番モテるのです。

チャラい人は、フラれることを大して気にしていません。

数打てば当たると考えてます。

待ちの人が多い社会の厳しい現実です。

 

笑顔が一番簡単な投げかけ 

ナンパするしないの話でなくとも、

投げかけは非常に大切です。

結局人は待っているので、

やっぱり、笑顔が素敵な人には、

好印象を抱くと思うのです。

相手が笑ったら笑うとしていたら、

一向に笑うことはできないのです。

笑顔はシンプルに顔の形であり、

自分の意思表示です。

癖さえつけちゃえば、

勝手に笑ってることも可能です。

そういう人は、勝手に笑顔を振舞っているので、

勝手に好意を抱かれる可能性が高いでしょう。

眉間にしわを寄せて歩くよりも全然良い癖なのです。

 

投げかけなければ気付かない

たまに、オシャレなお店とかで、

全く人が入っていない店があります。

中を覗くと、

店員さんも外を覗いています。

きっと、店員さんも、歩いている人がどう出るのか、

チェックしていると思うのですが、

その状態では、きっと入りにくいですよね。

やっぱり、店員さんの方から、

笑顔で挨拶されるとか、

「開いてますよ〜」とか、

声かけてもらったり、

そういう投げかけは必要かなと思います。

そして、投げかけられることによって、

初めて人は気付いてくれるのです。

 

偏見を持たずに

そうなると、偏見があると、

こちらから、何かを投げかけることは難しいです。

そこに変な偏見とか、

「いざ!」のような高いモチベーションとかは必要ないので、

ただ無作為に友好的な態度を示していく。

それが大切かなと思います。

まあ、難しいですけどね。

しかし、待ち状態の人が多いのは事実です。

性格の悪い、チャラい人が得する社会ではなく、

性格のよき人が、どんどん一歩踏み出していく世の中なら素晴らしいですね!

では、この辺で。

 

www.jibunnoarikata.com

 

 

www.jibunnoarikata.com