ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

一歩は大切

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190331080408p:plain

一歩の大切さを知りました。

一歩の重み

人生をより良い環境で過ごしたいと、誰もが考えると思います。

夢を叶え、自分の理想の生活をする。

その夢を叶えるには、「行動」が必要なのは当然です。

私も、夢を叶えるために、日々過ごしているわけですが、

最近、「一歩」を強く意識するようになりました。

イチローさんも、よく「小さいことの積み重ね」の大切さを説いていましたが、

まさしく、この一歩には、人生を大きく左右するほどの力が存在するなと感じるようになったのです。

 

停滞する怖さ

一歩というと、そんなに大した歩幅ではありません。

すぐに取り返しがつくと考えがちですし、

そこに大きな差があるとは思いません。

しかし、大きなことを成就させようと思ったら、

この一歩を繋ぎ合わせる以外に方法はないのです。

他にもゴールにたどり着く方法があればいいのですが、

どうやらないようですね。

なので、「一歩だし、まいっか。」と、

踏み出さない選択をするということは、

「停滞」を選択していることと同義なのです。

 

景色を変えるには

普段、家でも、会社でも掃除をしていて思うことがあります。

「ゴミってこんなにあるんだ。」

「全部集めるには結構時間かかるな。」と。

しかし、手を止めては、いつまで経っても汚いままなので、

地道に進めるのですが、えらいもので、

数時間経てば、見違えるように綺麗になっているのです。

そして、塵の山ができているわけです。

「塵も積もれば山となる」という言葉がありますが、

まさにその通りでした。

夢を叶える作業も結局は同じことで、

途方もない距離を見て、一歩目を踏み出さなければ、

変わることはないということです。

一日一歩でも進んでいれば、確実に一歩分夢は近づいているのです。

3年もあれば、更地に大きなビルが建ちます。

この一歩が積み重なった時の力を信じるならば、

ポジティブにもネガティブにも大きく働くこの事実を重く受け止める必要があるかも知れません。

一歩踏み出しただけでは、景色は変わりませんが、

一歩を踏み出さなければ、これまた景色は変わらないのです。

 

一歩を積み重ねる

逆に言えば、一歩でいいのです。

一気に100歩進めと言われれば、無理がありますが、

自分に求められるのは、この「一歩」だけなのです。

「今より一歩だけ、前に進む」と考えたら、

できないことは何もないと考えられます。

たった一歩でいいのですから。

そしてそう考えることで、フットワークも軽くなり、

この一歩前進を継続することによって、

いつしか、何キロ先にも到達していることに気づくのかも知れません。

最初に躊躇してしまい、

スタートを切らなければ、その人はもう見えなくなっていることでしょう。

 

一歩踏み出す

結論、「まずはやってみる」という意識が大切かなと思います。

結局、大きなモチベーションも必要ですが、

そこで、物怖じして踏み出さなければ、0です。

しかし、何も考えてなくとも、ほんの少しの勇気を持って、

一歩を踏み出せば、進歩が生まれます。

子供が、ゲームをするのに、いちいちためらったりしないでしょう。

説明書も開かずに、とりあえずやりたいからやる。

数週間後には、そのゲームの達人になってしまうのです。

ジョギングをスタートさせたい人の一歩目は、

靴を履くことでしょう。

そして履いたならば、ドアを開けることが次の一歩です。

そうやって、人生は踏み出した一歩で決まるのだと思います。

今日もこの一歩を大切にして、共に前に踏み出していきましょう。

ではこの辺で。