ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

「期待しない」は親切の形。

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190201184759j:plain

こんにちわ。

シンゴです。

突然ですが、

人はなぜ、他人の行動にイライラしたり、

許せなくなってしまうのでしょう。

本当であれば、誰だってイライラしたくないし、怒鳴ったりもしたくないはずなのです。

その理由としては、他人に期待してしまうことが原因ではないでしょうか。

他人と一言で言っても、ほんとに色んなタイプの人がいます。

価値観や考え方も様々なので、

他人に期待しても、

自分とっては、非常識なことを、

誰かは当たり前にすることだってありえるのです。

他人に対して、「こうあればいいのにな。」みたいな期待を寄せてしまうと、

後悔することが多いように思います。

希望の通りにいかないことの方が多いからです。

では、諦めるしかないのでしょうか?

答えは「YES」です。

周りを変えることはきっとできません。

あなたが何百年かけて挑戦しても、

相変わらず、周りが変わることはないでしょう。

では、私たちが他人に対してできることは何なのでしょうか?

それは、「期待しないこと。」です。

期待してしまうことは、自分が勝手に、裏切られたと感じてしまう可能性が高いです。

そもそも、期待してしまうから、

その結果に落胆してしまうのです。

自分がその結果に落ち込んでしまうくらいなら、

最初から期待しなければ、落ち込むことはないのです。

むしろ、期待しない分、

他人の行動に対して、寛容でいられます。

期待してしまうことは、どうしても、

主観的な願望が含まれてしまいます。

要は自分に都合の良い人や形を求めてしまっているのです。

それって、ただのエゴですよね。

つまり、期待しないことの方が、

主観的な見方に偏らなくて済むので、

人間関係はうまくいくようになります。

他人に対して、期待するのではなく、

そのままを受け入れるようにしましょう。

期待することは変化を求めています。

どこか、「期待」というと、ポジティブに聞こえるかも知れませんが、

別の言い方をすると、「変わってほしい。」と言っているのです。

要は、「今の状態では、私は不満だ。変わってもらわなければ困る。」と言っているのです。

それは、愛でしょうか?

相手に変化を求めることは、愛ではありません。

相手に対して、愛情を持って接するなら、

「そのままでいいんだよ。」と声をかけてあげることです。

変化を求めず、そのままを認めてあげることが親切に繋がります。

しかし、「期待をしない」ことは、決して卑屈になることとは違います。

「どうせあいつはこうだから、こうしてやる。」みたいな感情は言語道断です。

それは、求めた感情です。

結局は変わってほしいと思っているのです。

期待しないとは、そのままを受け入れることであり、

変化しない相手を、成敗する為の脅しになってはいけないのです。

他人に対してできるもう一つのことは、

「自分が見本になる」ことです。

良い意味で、自分がコントロールできるのは、

自分だけですから、自分が他人に真似されるような人間でいればいいのです。

人は、本当に自分の為になるなと思えば、

こちらが、変わってとお願いしなくても勝手に変わります。

自分が背中で示すことによって、誰かに影響を与えることは可能なのです。

個人的に、期待とは行動力の欠如によるものだと思っています。

要は「自分が変わりたくない」から、

周りにその分を期待してしまうのです。

ほんとうに、自分に自信があり、行動を起こしているものは、決して期待という言葉に

頼らないものです。

むしろ、必ず自分の力で切り拓けるという確信があるのです。

それは、努力に裏付けられた、確固たる自信なのです。

期待することをやめると一気に世界が広がって見えてきます。

この世界が自由であることに気づいていくのです。

人とのしがらみは皆無になり、

自分が生きたいように、生きればいいのです。

周りのことは周りに任せて、

自分は幸せに豊かに暮らしていくだけなのです。

期待しないことは、夢を諦め、努力しないことのように考えがちですが、そうではありません。

むしろ、期待しないことは、そのままを受け入れ、感謝している形です。

そして、期待の有無に関係なく、

行動を起こしたものは、例外なく、

その結果を受け取ることになるのです。

期待することで、どこかに甘えが出てしまうのであれば、

期待せず、己の力で、状況を変えていけばいいのです。

己の力とは、学ぶ力であり成長する過程を言います。

この世界で夢を掴みとることは至ってシンプルです。

やったかどうかで全てが決まります。

願えば叶うという神秘に踊らされることをやめ、

単純に、誰よりも行動するべきです。

そうすれば、結果は貴方のものです。

今すぐにでも期待することをやめ、

自分の足で走り始めましょう。

あなたの走る姿を誰かが真似をする日まで。

自分の足でしっかり前進するのみです。

共にがんばりましょう!

ありがとうございました。