ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

人生で選ぶべきもの

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190409201936p:plain

人生、楽に生きていきましょう。

楽を選ぶ

人生を壮大にイメージすることは、

良いことだと思いますが、

必ずしもそこに、「ドラマ」があるとか、

山があれば、必ずし「谷」があるんだと、

思わなくていいと思います。

人はどこか簡単に「幸せ」を手にしてはいけないとか、

「苦労して手にするもの」と考えがちですが、

そもそもその考えが、間違っている気がするのです。

苦労の先には、苦労しか待っていないし、

幸せの先には幸せが待っているというのが、

正解だと思います。

決して、努力をしないということではありません。

自分の好きなことに、

たくさんの時間を費やすことは良いことだと思います。

しかし、例えば、

人は必ずしも、結婚しないといけないとか、

仕事は、一本に絞るべきだとか、

固定観念というか、先入観が以前は色濃く存在したと思います。

今では、そこらへんの観念のすそ野は広がっており、

ある程度、自由な人生を選ぶ時代だと思います。

自分がしたくないことを、いやいややることだったり、

苦労が目に見えるものに対して、自ら突っ込んでいく必要はないと思うのです。

人生、「楽」を選べば、ネガティブに考えられがちですが、

私は、「楽」を選んでいる人ほど、充実した人生を歩んでいる気がするのです。

 

必ずしもしんどい方を選ぶ必要はない

前述した通り、

自分が負担になる選択を取る必要はないと思います。

自分がその道を望むなら行くべきですが、

望んでもないのに、

義務感や、使命感みたいなもので、

仕方なくその道を選ぶのは違うと思います。

人生は自分のものであり、

自分が幸せだからこそ、

人に幸せを伝えられるんだと信じています。

 

心が軽い方へ

本来人は幸せになる為に、

生きていると思います。

では、いつ幸せになるのかというと、

今幸せにならなければいつまで経っても、

幸せにはなれません。

あまり、自分に厳しくしてしまうと、

自分を否定的に考えたり、

「がんばらないと自分を好きになれない」状況になって、

人生が楽しいわけがありません。

自分が、「幸せだな」と感じる選択をどんどんしていくことによって、

人生は潤っていくと、私は信じています。

 

人とぶつからない生き方

人とぶつかるのは、自分の正義を貫くからです。

自分の主張を通し過ぎることは、「わがまま」なのです。

「我がまま」と書きます。

つまり、自分が「変わらない」と決め込んでしまっては、良い人間関係は築けないのです。

そして、人との協調より、我を通すことにエネルギーを使うことは、まさに苦労です。

仮に通せたとしても、相手は気持ちよくないでしょう。

「こんな人がいるんだな」というくらいで、理解に留めておけば苦労しません。

それを理解させようとすると苦労します。

楽に生きるには、

自分は自分、人は人で、

良い距離感で付き合うことだと信じています。

そして、自分に集中し、

自分は、人に良い影響を与えられるような背中を示すのが一番なのです。

 

いつもハッピーでいる

では、自分ができることは何か。

それはいつも幸せでいることでしょう。

いつも上機嫌でいれば、

自分の姿を見て、誰かに元気を与えられるかも知れません。

変に人間関係に悩まされたりせずに、

いつも自分の機嫌は自分でとる。

そうすることで、前向きに生きていけるのかも知れません。

 

最後に

要は「重たく」考えずに、

軽い気持ちで生きる。

楽観的とも言えるかも知れません。

どんな選択だとしても間違いは絶対にありません。

その度にポジティブな自分でいれればそれが一番だと思います。

今日もポジティブに生きていきましょう。

では、今回はこの辺で。