ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

「自分の人生を生きる」

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190202181304p:plain

こんにちわ。

シンゴです。

今回は「自分の世界で生きる」をテーマに記事を書こうと思います。

私たちは、生きていく中で、

たくさんの人と関わっています。

仕事場の人もそうですし、

街で行き交う人もそうです。

テレビで観る芸能人ともある種の関わりがあると思っています。

私たちが、この目で見る全ての人が、

何らかの影響を自分に及ぼしています。

しかも、今の時代では、世界中の人といとも簡単に繋がることができ、

より密接に繋がるようになったと思います。

世界中と繋がるメリットはあります。

自分の知らない世界をすぐに知ることができるし、

昔の人が何年もかけていたものを、

今では、一瞬で到達することができるようになりました。

一流と言われるような人のスキルを盗もうと思うなら、SNSをひらけばすぐに学ぶことができ、

とてつもなく多い情報が、ほとんど無料で手に入れられるのです。

しかし、一方で、情報に流されやすいという環境になったことは確かです。

自分の人生を生きるはずが、

他人の人生を観る時間の方が多くなってしまっているのです。

もちろん、他人の人生から学ぶことはあります。

しかし、知ってか知らずか、「観る」ということに慣れてしまい、

自分の人生においてもどこか、傍観的な生き方になっていないかと思うのです。

自分の人生は自分しか生きることはできず、

自分がコントロールしなければ、どこにも向かうことはできないのです。

私が今回、提案したいのは、

「自分の人生にフォーカスする」ということです。

自分の人生にフォーカスすることで、

夢中に生きることができるのです。

他人の行いや発言にいちいち惑わされてしまうのは、

他人にフォーカスしてしまうからです。

当然、自分からしたら、非常識な行動をとる方もいるでしょう。

しまいには、他人がとる全ての行動のネガティブな部分に、囚われることになり、

心が疲れてしまうのです。

人は自分がフォーカスしたものを引き寄せます。

ポジティブなものにフォーカスすれば、

ポジティブなものを引き寄せます。

しかし、逆もまた然りです。

で、あれば自分幸せなことにフォーカスしてしまえば、

他人の行動や言動に惑わされることもなくなるので、

人生を楽しく過ごすことができるのです。

もちろん、これは他人に対して無関心でいるということではありません。

無関心とは愛の逆であり、冷たい人の特徴です。

他人に気を配ることは当然のことですし、

人は人と生きているので、

協調していく気持ちは大切なことだと思います。

しかし、他人にしてあげれることは、

認めてあげることしかありません。

人がとる行動、考え方に、指図することはできませんし、

したところで、反感を買うことがオチなのです。

で、あれば一種、放任というか、

他人のことは他人に任せて、

自分は他人に親切にすることだけを考えて生きていけばいいのです。

正義感を持って、他人の行いを批判したとしても、結局は負の感情を自分が背負うこと

になり、感情がコントロールできなくなるのです。

自分は自分に集中して、

自分がどのような人生を生きるのか、

そこにフォーカスしていけば、自分の道を一歩ずつ歩んでいくことができます。

自分の人生と向き合うことにより、

結果的に、それは他人にも良い影響を与えることにも繋がるのです。

他人はあなたがとる、行動を見ています。

あなたの姿勢を見て、周りは、影響されていくのです。

一見、自分にフォーカスすることは、自己中心的だと思いがちですが、

あながちそうでもないなと思うのです。

自分にフォーカスし、

自分の機嫌をとり、

自分の感情をしっかり管理する。

そんな自分がとる行動はきっと、他人にも喜ばれるものになるはずなのです。

この世界では、自分が感じた感情は、

周りの人にも伝わります。

自分を好きになれたなら、他人に対しても好きでいられるし、

自分の心が豊かであれば、周りも豊かになっていくのです。

自分の人生を生きる。

それは、行動することであり、

自分にフォーカスすることです。

自分という車のハンドルを握るのは自分であり、

決して助手席に座ることはできないのです。

自分がどこに向かうのか、しっかり目的地を明確にしましょう。

あなたが光を当てた場所にあなたの歩く未来があります。

楽しい世界を照らしていきましょう。

では、今回はこの辺で。

ありがとうございました。