ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

【必見】金言に学ぶ人生哲学!⑩

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20181201205508p:plain

 

日々前進

「一日生きることは一歩進むことでありたい。」-湯川秀樹-湯川秀樹 - Wikipedia

良い名言ですね。

日頃生活していて、一日は本当に早く過ぎるなーと痛感しています。

充実してるからこそなんでしょうが、

ぼーっとしてたら、ほんとにすぐ人生が終わってしまうような気がします。

人生はこの一日の連続ですから、人生を大切にするのは、一日を大切にするってことなんでしょう。

日々忙しく生きてる中で、後悔しない生き方って何だろうなって思うと、

やっぱり人間として成長してるかってことになる気がするんです。

成長するために、人生があるんだと思っています。

じゃあどういう姿なら、「成長してるなー。」と感じるかと言いますと、

たとえば、不平不満を言わないとか、

楽しく生きるとか、

人に親切にするとかかなと思います。

で、そういう姿でありながら、自分の人生を自由に豊かに暮らしていく。

それが最高です!

なので、自分の知らないことをどんどん勉強していきたいですし、

学んでいくことが、自分にとって一歩進んだ姿かなと思います。

勉強って本来誰でも好きなことですよね。

知りたい欲求てありますもんね。

ただ自発的でないと面白くない。

誰かに指示されてやるものではないんですよね。

自分が知りたいことを、自分で調べて勉強していく。

一日一日をしっかり積み重ねていけば、一日一歩だったとしても、

一年後、二年後はすごい歩みになっている。

私の大好きな本田圭佑さんも、

www.jibunnoarikata.com

www.jibunnoarikata.com

「成功ではなく、成長に囚われろ。」と言っています。

成功というと、不確かな響がしますが、今より一歩でも成長しろと言われれば、

きっと100パーセント成長できるでしょう。

もちろん歩みを止めなければ。

一歩一歩、地道かも知れませんが、亀のように歩みを進めていけば、

目に見える変化もきっと起きてくるのではないでしょうか。

そんな日を楽しみに、ワクワクしながら、

前進して行きたいものです。

あなたは今日、一歩前進しましたか?

 

泥くさくやる

「本当に大事なことで、格好をつけたままやれることは一つもない。」-ノーマンメイラー-ノーマン・メイラー - Wikipedia

ほんとはかっこよくやりたいとこですけどね。

でも、何かを本気で手にしようとしたとき、

多少かっこ悪くても、結果をもぎ取りにいくような、精神は必要な気がします。

で、感動する時って人が、かっこ悪くても必死に頑張ってる時だと思います。

そういう姿って、人を惹きつけますね。

大人になるにつれて、なんか行儀よく生きていかなくてはならないと考えたり、

スマートでいなければならないと思ったり。

そんなの嫌だなと思います。

知らないことを、知ったかぶってるより、

知らないことを素直に聞ける自分でありたいなーと思います。

たまにいますよね。聞いておきながら、「やんな!」っていう人。

では、なぜ聞いたのって思います。

恥ずかしい。

そういうところが泥くさくなのかはわかりませんが、

要は、変なプライドは捨てて、等身大で生きるというか、

多少バカっぽくても、人情があって、マナーがあって、親切にできるなら、人として、最高でしょって思います。

決して人をバカにするような人間ではいたくないなと思います。

 

余計な思考

「人と比べた時から不幸が始まり、後先考えることから不安が生まれる。」-板橋興宗-

板橋興宗 - Wikipedia

まさしくそうだなと思います。

人って、余計な心配ってどれくらいしているんでしょう。

実際に起きる前から、もう起きたかのように心配して倍不安になってる感じがします。

人は危機管理能力があるから、当然といえば、当然なのかも知れませんが、

あまりにもひどいと、心配することから、実際、それを引きつけてしまうところもあるかと思います。

よく怒られる人っていると思います。

よく怒られる人って、怒られる前から、ビクビクしてるんですよね。

「怒られるかも知れない。」と、下手すると、前日から考えてたりします。

まあ、それでも怒る人が悪いとは思いますけど。

しかし、過度に心配していては、本来出来ることが出来なくなったりして、単純にもったいないです。

そういう意味でもやっぱり思考は現実化してるんですね。

www.jibunnoarikata.com

www.jibunnoarikata.com

メタシークレットにも出てきますが、ボブプロクターという人が、

「内の世界が、外の世界を支配している。」と言っています。

つまり、現象があって、思考しているのではなく、

まず自分が思考してから、それを引き起こしているということなのです。

なので、心配しすぎるのは良くありません。

むしろ安心して、生きていた方が、自分の本来の力が出せて、良い結果を招くと思います。

お笑い芸人さんでも面白い人ってよく笑っていますよね?

その人が笑っているから、周りも笑うんです。

芸人さんがションボリしてたら周りは笑わないでしょう。

まず自分の思考をコントロールして、安心しちゃいましょう♪

では今回はこの辺で♪

最後までご覧いただき感謝します。

シンゴでした!