ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

ネイマールが伝説になりきれない理由

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190317181802p:plain

2019年4月末、

ネイマールが3ヶ月ぶりに、

怪我から復帰し、

試合に出場しました。

スターの資質

相変わらず、

華麗なテクニックは健在で、

ブラジル人独特の身体のしなやかさで、

観客を魅了していました。

しかし、

クリロナや、メッシが晩年期を迎えた今、

ネイマールが中心のサッカーになってもおかしくないのに、

いまいち、パッとしない印象を受けるのは、

私だけでしょうか。

確かに、周りの選手と比較して、

頭一つ抜きん出ているのはわかります。

しかし、

例えば、

未だに、バロンドールを獲ったことがなかったり、

ワールドカップを制したこともありません。

ネガティブな理由をあげれば、

確かに、

今のブラジルは、ネイマール以外のタレントが不足していること、

そしてクラブでは、パリ・サンジェルマンという強豪でありながら、

チャンピオンズリーグを制する程のチームかといえば、

レアルやバルサに比べると見劣りすることはわかります。

しかし、

それが、彼のキャリアにマイナスに働くとは思いません。

彼には、

スーパースターとしてやっていく上で、

必ず持っておくべきあるものが、

欠如しているのです。

 

自分を信じる力

それは、「忍耐力」です。

彼には、

試合中に、自分を保つことの一貫性が欠如しているのです。

彼がスターであることは間違いないので、

彼には強いプレッシャーがあるのは、当然のことです。

これまでの歴代のスター達も、

もちろん同じようにプレッシャーを受けていました。

しかし、彼は、

その相手の行為を「相手にしてしまう」のです。

怒りを露わにし、

罵倒し、

自分を見失ってしまいます。

そうなることは、伝説になるには、

致命的でしょう。

怒りを露わにするということは、

簡単に言えば、自分を信じれていないのです。

この先、大きなプレッシャーのかかる場面で、

結果を求められたら、

並のメンタルでは、

乗り越えることは難しいのです。

 

変化に期待

彼がケガをしてしまう原因もまた、

「相手にしてしまう」ことにあると思います。

例えばメッシを見ればわかりますが、

彼は極力、相手とぶつからないのです。

もちろん彼も感情的になることはあります。

極度のプレッシャーの中では、誰でも自分を、

見失うことはあるでしょう。

しかし、メッシは相手を背負わずにプレーすることで、

大きなケガをすることもないのです。

とは言っても、

ネイマールの人を魅了する力は、

絶対であり、

彼が、自分のプレーに集中することができるようになった時は、

間違いなくNo. 1のプレーヤーになり、

伝説の選手となることは必然とも言えるでしょう。

彼は今、

パリ・サンジェルマンでクラブW杯のトロフィーと、W杯、そして、バロンドールを、

虎視眈々と狙っているでしょう。

彼がここからどう進化していくのか楽しみです。

では、この辺で。