ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

謙虚に生きる

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190426194713p:plain

 

謙虚さは大切

自分のことは、冷静に判断することが難しいですが、

人のふりを見て、

「この人、言葉遣い間違っているな」とか、

「偉そうに聞こえちゃっているな」とか、

思うことがあります。

本人は全く、そんなつもりでなくとも、

他人から見れば、自分とは違う捉え方をされることはあります。

人はどこか自分を美化しがちで、

甘い評価をつけやすいのです。

なので、

「私は好かれている」と思っていても、

実は嫌われていたりとか、

アドバイスしていたつもりが、

「何様のつもり?」と、

全く感謝されない事態に終わることも出てきます。

その、

自分と他人の捉え方のズレをなくす為にも、

「謙虚さ」は、

すごく大切。

本人が等身大の姿だと思っていても、

他人が、「裸の王様だな」とか、

「自分がわかっていない」とか、

ネガティブな印象を受けることはあるということです。

しかし、

もし自分が低姿勢に、

謙虚にふるまうことができれば、

それが丁度、他人から見たときの印象と、

同じくらいになるのかなと思います。

自分を信じるとか、

自分に言い聞かせるという目的で、

大きなことを言うのは、

良いかも知れませんが、

あまり、他人に対して、

行動ではなく、口動してしまうと、

「見えてない人」という印象を与えてしまうのかも知れません。

 

自分の解釈がズレている可能性

前述したように、

自分の解釈がズレていることはよくあります。

私の周りを見ていても、

そういう人はいます。

「もっと働けよ」と言っている人が、

一番休んでいたり、

「こうした方がいいんじゃない?」と、

アドバイスしてる人の方が、

されている人より、クウォリティが低かったり。

しかし、こういった勘違いが生まれるのも、

共通して言えるのは、

口先で生きている人です。

言葉に責任感がなく、

意見は言うが、

どこか他人任せの人です。

本当に相手を気遣った気持ちがあれば、

それが、否定的に捉えられることはないと思います。

言葉はすごい力を持っていますが、

言葉でできることは「褒める」ことだけであり、

決して、相手を変えるために使える道具ではないのです。

そして、相手を認めることから、

事態は好転していくのです。

 

自分に集中する

自分にできることは、

自分に集中することだけです。

人は自分の話す言葉など大して聞いてません。

それよりも背中を見ています。

その背中が進む方向を示していれば、

メッセージとして相手にも伝わるのです。

そして、誰一人として、

他人にアドバイスできる程偉くはないのです。

自分がまだまだ成長するつもりであれば、

他人の心配をしている時間はないのです。

自分がどう変わっていくのか。

そこに集中していくのみです。

 

心配は効率が下がる

よく過干渉な人がいます。

過干渉な上司。

過干渉な親。

過干渉な人は、

口出しをいれることによって、

もしかしたら効率を図っているのかも知れませんが、

逆効果だということに気付いていません。

その人の話を書く時間がプラスされ、

余分に時間がとられてしまうのです。

この手の口出しには、

あまり新鮮味のある話はなく、

決まって、「わかっていること」だったりします。

ただ、見る人の角度によって、

解釈が変わっているだけです。

余計な心配をすると、

相手の行動、思考を奪い、

最終的には、

モチベーションさえも奪ってしまうのです。

そして自分で考えて行動することをやめてしまうのです。

本当に必要であれば、

その人は聞いてくるでしょうし、

意外に背中を見ているものです。

見て盗んでいるのです。

それでも学ばないなら、

学ぶ時ではないのです。

本当にその人が困ったら、

その時に、学ぶのです。

できることは褒めるだけ。

肝に銘じておきたいものです。

では、今回はこの辺で。