ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

素直な心

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190429193101p:plain

素直な心は必要だなと思います。

素直じゃない人の特徴

素直じゃないってだけで、

話すにも違うところにエネルギーがいると言うか、

シンプルに「もったいないな、この人」と、

感じてしまうのです。

では、素直じゃない人の特徴って、

どんなタイプかと言うと、

聞く耳を持たない

まず、人の話を聞きません。

当然、聞きやすい言葉なら聞くんですが、

少しでも気にくわないことがあると、

全く聞こうとしません。

なんて言うのか、

会話にならないのです。

一度、受け入れてから、

解釈してくれるならまだしも、

まず、門前払いと言うか、

話しを聞こうとしないのです。

「もったいないな」と感じます。

嫉妬心、エゴが強い

そして、やたらと嫉妬心が強いのです。

なので、他人の幸せなことや、

優れていることに素直に褒めてあげることが、

できないのです。

しかも、本人はその事実に気付いていません。

そして、

プライドが高いと言えば、

聞こえはいいのですが、

「エゴが強い」といった言葉が当てはまります。

変なところに固執し、

譲らない部分が多すぎるので、

かなり損しています。

捨てるべきプライドといった感じです。

簡単な変化を成長とする

そして、自分がなかなか成長できないので、

小さな変化を「成長」と捉えるのです。

例えば、何かを1回経験しただけで、

「変わった」と言ったり、

例えば、髪の毛を切っただけでも、

進化だと捉えてしまうのです。

 

素直じゃないことの弊害

成長が遅い

先程も記したように、

素直さがない人は、

成長がすごい遅いのです。

そして、素直じゃないが故に、

自分の成長ポイントも、

自分で見つけることができないし、

人の助言も耳に入ってこないのです。

だからと言って、何もしないわけではありません。

そういう人は、

見様見真似で、

表面的に人の良いところを盗むことはできます。

しかし、

また素直じゃないことが原因で、

それを真髄まで見極めることができないのです。

落とし込めてないと言うか、

演技で言うと、どこか、

台本ぽくもあり、

スキルに比重が行きすぎているように見えてしまうのです。

表面鍛えて、心鍛えずといった感じです。

人を惹きつけられない、見抜かれる

決まって、そういう人の言葉には、

力がないと言うか、

人を集める魅力みたいなものは、半減しますよね。

本当に心から出る言葉には、

人は心打たれます。

例えば、

松下幸之助さんとか、

イチローさんとかの言葉には、

声を張り上げるわけでなくとも、

そこに力強さがあり、

聞かせられるわけです。

そして、素直に生きている人からしたら、

嘘がどこにあるのか、

明確に理解できます。

騙されるのは、素直じゃない人だけです。

道がズレる

当然、

素直であれば、通れる道も、

自ら塞ぐ形になります。

一時点で見れば大したことでなくとも、

長い目で見れば、

大きく、本来の道からずれていくのです。

大人になればなるほど、

開き直りがちですが、

その弊害は、

いつしか習慣となり、

自分がズレた道を歩んでいることに、

気が付かないのです。

 

困った時が学ぶ時

しかし、こういった人も、

絶対に変わらないと言うことはないでしょう。

自分が困ったなと感じた時に、

見つめ直すのです。

人に言われて変わるものではありません。

もしかしたら、気付くのは、

死ぬ直前かも知れません。

どちらにせよ、

早く素直になれた人から、

心の平安を手にしていくと思っています。

 

素直な時に道は拓く

どんな状況でも、

まず、自分が素直になってみる。

そうすると自ずと答えは見つかると信じています。

答えが見つからないのは、

まだ、自分と向き合いきれていないのかも知れませんね。

まず、自分の心を開くことから始めていきましょう。

では、この辺で。