ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

「継続は力なり」

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190206182723j:plain

こんにちは。

シンゴです。

今回は「継続するコツ」について書いていこうと思います。

継続することができなければ、

自分の目標に到達することは難しいです。

継続する力には、どんな山をも越える力が宿り、

才能よりも大切かも知れません。

今、何かに挑戦しようと考えている方はぜひご覧下さい。

 

何故、継続できないのか?

そもそもやる気があって始めたはずなのに、

何故、継続できない人がいるのでしょうか?

それを見ていきます。

やりたい事が多すぎる

人生を通して、やりたい事が多いことは良いことです。

生きる希望にもなるし、楽しみが多い方がいいでしょう。

しかし、いくら多くても、一度に全部できるわけではありません。

継続できない人は、いろんな事に目移りしてしまい、

一つのことが中途半端になることがあります。

なので、一つのことを深掘りする前に、

次のものに興味が移ってしまうのです。

継続のできる人は、たとえやりたいことが多くても、

一つずつを集中し、こだわることができます。

そして、その一つのことで、得たノウハウは他でも生きることがわかっているので、

継続することができるのです。

 

流される習慣

継続できない人は、

自分で考えて、決定しているというよりは、

情報に流されてただ「やりたい」と勘違いしているのかも知れません。

トレンドに弱い人はこの傾向が強いです。

「みんなが買っているから、私も買う」とか、

「みんながやっているから、私もやる」のような感覚です。

これでは、逆にトレンドが変わった時に、自分のやる気もなくなる可能性があります。

自分の素直な気持ちで、本当にやりたいのかどうかを確認するといいでしょう。

 

優先順位が低い 

一日を通して、やるべき事がいくつかあるかと思います。

料理、洗濯、テレビを観る、SNSをチェックする、、

色々あるかと思いますが、

優先順位の低いものは自動的に継続できなくなるでしょう。

この優先順位を変えたければ、

自分にとって、何が自分にとって実りのある時間なのかチェックしていきましょう。

それは人によって違うと思います。

そして、あなたの選んだものが膨らんでいき、

あなたの人生そのものになっていくのです。

 

義務感になっている

「やらなければならない」というネガティブな動機です。

最初はやる気を出していたものが、自分の中のストレスになり、

「やりたくないのに、やる」というニュアンスになってしまうと止めてしまうでしょう。

こうなる原因は最初にルールにしてしまう事です。

そのルールに縛られる事により、やる事に楽しさがなくなってしまうのです。

大事なのは、使命感です。もっと積極的な思いが大切です。

しかし、これは何にも縛られたものではありません。

「やるかどうかは、自分次第」という、少し自分に「やらない選択」というスペースも空けておくと、変に気負いすることはなくなります。

毎回、自分の意志で決めていけばいいのです。

そして、結局は自分の選択次第ですから、

「ルール上、する」のではなく、

「自分が選んだからする」に変えてしまうといいでしょう。

 

継続させるには?

では、先ほどの継続できない理由を踏まえて、

できるようにするには、下記の通りです↓

  1. 一日のやる事を絞る
  2. やるべき事を自分で積極的に選ぶ
  3. 最優先事項にする

です。

あとは、「継続することの大切さを経験する」ことです。

誰だって、継続することの大切さは聞いた事があるでしょう。

しかし、本当にやりたいのに止めてしまうのは、

「大切だと聞いた事があるだけで、実際経験した事がない」からです。

もし、継続する事で、自分の目標を達成する事ができた経験や、

自分でも信じられないくらいの力がついた経験があれば、

どんなに辛くても、誰も途中で投げ出したりしないでしょう。

一流のスポーツ選手が努力を止めないのは、

ただ人間的に素晴らしいからだけではありません。

努力して、継続する事で、自分が得をする事を知っているのです。

だから誰に頼まれることもなく勝手にどんどん努力して、

どんどん成果を出していくのです。

 

継続できる人は知っている

継続できる人は、、

  1. 継続することでしかつかない力を知っている
  2. 継続することでしか成果は出ない事を知っている
  3. 継続することでしか、「差」が生まれない事を知っている

 

「好きだからやる」では足りない

好きだからやるのは当然です。

誰でも、最初は好きで始めているのです。

そのシンプルな好きという気持ちに誰であろうとそんなに差はありません。

しかし、継続していく中で、その好きという気持ちがどんどん膨れ上がっているのです。

そして、自分でも歯止めがきかない程にのめり込んでいくのです。

この状態を「ゾーン」と呼ぶこともできるし、

「無我夢中」だとも言えるでしょう。

なんせ、時間や、周りの評価など関係なくなるほど、

そのことにのめり込んでしまうのです。

 

継続は才能ではない

継続は才能ではありません。

継続は「意志」です。

前述した通り、

継続することのメリットを経験する。

そのきっかけ次第で、誰でも継続できるようになるのです。

では、最初に、その「メリット」をどう感じるか?

それは、今やりたい事を、とりあえず精一杯にやってみる事です。

変に力を残しては、その魔法を感じることはできません。

自分の力を一度、120パーセント出してみることです。

自分が考えうる、全ての事を全力でしてみる事です。

そうすると、もうその体験によって逆に継続を止めれなくなるでしょう。

 

あくまで、、

ここは要注意です。

あくまで、「自分がしたい事」を継続して下さい。

自分がどう考えてもストレスにしかなっていないものを続ける必要はありません。

自分がやりたいと思っていて、尚且つその先に自分が手にしたい夢があるなら継続して下さい。

 

では今回はこの辺で。

有難うございました。