ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

人生の分かれ道

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190403204200p:plain

私は、自分でビジネスを始めていこうと思っています。

道は見えてくる

とは言っても、何も具体的になってはいないし、

どういう形で、仕事にしていくかは決まっていません。

どこにそんな道があるのか。

人が見たらそう思うに決まっています。

しかし、私はそれでいいと思っています。

私の好きな言葉に、

「最初はわからなくていい。進めば、道は見えてくる。」という言葉があります。

まさしくそうですよね。

始めは誰だって素人からスタートするわけで、

「今」見えていなくとも、進んで行きさえすれば、

景色は絶対に変わってきます。

問題なのは、「進まない」ことにあると思っています。

 

恐怖との付き合い方

恐怖心から、「安心」を選ぶことはできますが、

果たして、それは真の安心なのでしょうか。

もしかしたら、目の前の簡単な安心を選んでいるだけで、

長い目で見れば、最も恐ろしい選択の可能性だってあります。

例えば、自分のしたいことを犠牲にする選択。

自分の人生の大半の時間を、自分のしたいことにあてるのではなく、

安パイに、「仕方なくする」ことに費やすのです。

どちらにせよ、そこに膨大な時間を使うのです。

であれば、その時間を自分のしたいことに費やした方が、

生産性は高まるし、

そこに道がないとか、

出口がないとかはあり得ないと思うのです。

必ずそこには何らかの答えが待っているし、

そこで学び、また自分のしたいことに向かって、

一歩また前進していけばいいと思うのです。

「恐怖心から選ぶ選択は、恐怖を生む」

そして、

恐怖心を捨てることによって、

何故かそこに道が見えてくる。

そう私は信じています。

 

自分のやるべき事

今の時代、自分のやりたいことができない理由なんて、

ないと思っています。

一気に飛躍して考えるのではなく、

「今の自分ができること」を考えて、

確実に一歩前進していく。

そうすれば、必ず、道は拓くと信じています。

一番怖いのは、

その一歩を止めてしまうこと。

そして中途半端に夢を見てしまうことです。

それは、綱渡りの途中で、下を見て止まっているようなものです。

結局「行かなければ良かった」と考えてしまうのです。

いざ、向かうときは、下を見たり、

足を止めたりしないで、

ただ前を見て歩いていく。

シンプルにそれだけだと思っています。

確かに、言葉で言うほど簡単ではないですが、

冷静に考えれば人生はシンプルなのです。

「行動した分だけ、絶対に答えは出る」ということ。

ゴールを見つつも、

「今できること」に目を向けて、

そして決してサボらず、

前進していきたいと思っています。

自分にできることはそれしかないですから。

嘆く前に、やるべき事をやる。

それでいきましょう。

では今回はこの辺で。