ジブンのアリカタ

自己啓発ブログ。

【目標の定め方】

スポンサーリンク

f:id:shizennichi-zero:20190203144110j:plain

こんにちは。

シンゴです。

今回は「目標の定め方」について書いていこうと思います。

うまく自分の目標を組み立てられない人はチェックしてみて下さい。

 

NGな目標

抽象的な目標

目標を定める時に、気をつけて頂きたいのは、

「目指しようのない目標」です。

例えば、「幸せになりたい!」とか、

「ビッグになりたい!」などです。

この熱意自体は素晴らしいことなのですが、

目標にするには、不明確すぎて行動に移しづらいところがあります。

目標を決めるには、具体的であればあるほど行動が取りやすくなります。

「幸せになりたい!」なら、どうなれば幸せなのか?

「ビッグになりたい!」なら、どうなることがビッグだと思えることなのか?

そこを明確にするといいと思います。

さらに言えば、

その夢をいつまでに実現させるのか?

例えば、「来年の10月5日までに5キロ痩せる!」のように、

数字が具体的に入ってくると尚良しです。

具体的になればなるほど、一気に現実味が出てくるので試してみて下さいね。

 

高すぎる目標

人は高すぎる目標は、心の中で不可能を感じてしまうので、モチベーションが上がりにくいことがわかっています。

人ががんばる気持ちが湧いてくるのは、「やればできるかも知れない」というラインです。

成功と失敗の確率が五分の確率の時に一番やる気が湧いてくるのです。

夢自体大きな夢を掲げることは素晴らしいことです。

ですがその間に、中間目標を置くなどして、自分のモチベーションを下げないことがポイントです。

がんばれば届く目標を掲げて前進していきましょう!

 

そもそもやりたいことか?

自分の素直な気持ちで、その目標は本当に実現させたいことなのか確認してみて下さい。

なんか流行っているからとか、

あんまり手にしたくないと思っていることには人は実行しようと思いません。

もちろん、やっていくうちにやる気が出てくることもあるので、

なんでもとりあえずは挑戦してみるのはいいことです。

しかし、いくらやっても面白みを感じない場合は、

そもそも自分がやりたいことは何なのか?

そこを一度考えてみてもいいかも知れません。

打算的な考えではなく、シンプルにその目標を好きでいれているか。

打算的に考えてしまうとどこか、努力する過程で、

「今を不幸にして、未来に幸せを掴みとる」のような心理が働きます。

成功するためには、もちろん大変な努力が必要なんですが、

努力すること自体が、ストレスになってしまっていると、

生産性も悪くなり、結果も出にくくなる可能性があります。

時間をかけてもいいと思うので、自分が本当にやりたいことに目標を定めることが大切だと思います。

 

逆算した目標

日常的に、逆算した目標は掲げているかと思います。

例えば、「何時の電車に乗らないといけないから、何時に家を出て、、」のような感じです。

駅まで10分かかる距離を、何も考えずに、15分後に着くスピードで歩いていたら、

間に合いませんよね。

時間内に間に合うように歩くはずです。

しかし、これが大きな目標ともなると、

今の時点からの目標を掲げてしまうのです。

ただ感覚的なものに任せて、「今日からこれを続けよう!」と掲げたところで、

それが一年後にどれくらいのものを生み出すのか考えられていないのです。

それだと本当に手に入れたいものがどんどん後回しになっていきます。

目標を変更せざる負えなくなるのです。

そうならない為にも、

目標に到達できる、日々の目標を掲げる必要があります。

だいたい、今の自分の行動が来年、再来年にどれくらいのものになっているか想像がつくかと思います。

今一度、確認して、自分の掲げた目標にたどり着く日々の目標を吟味してみましょう。

 

結果が目に見える目標

結果が目に見える目標は、自分に自信をつけさせてくれます。

メジャーリーガーのイチローさんも、

自分が追いかけにくい打率ではなく、

シンプルに、ヒット数を目標にしていました。

ヒットは数字を一本ずつ積み重ねていくだけです。

私たちも、日常でも同じような目標は掲げられます。

もちろん人によって、変わってくるでしょうが、

私の場合は、「記事を毎日1つ書く。」という目標にしています。

この目標のおかげで、継続して書くことができていますし、

調子のいい時は、2、3個書くこともあります。

これが、目にできない「良い記事を書く」みたいな目標だと、

「この記事は良い記事ではないから載せないでおこう」とか、

「今日は休んで、明日すごい良い記事を書こう」みたいになって、

書かない日がどんどん出てくると思います。

それだと、何もしていないのと同じです。

そして、「しない」は「できない」と同じなのです。

変化をしっかり自分の中で確認していける目標だと継続していきやすいと思うので、参考にしてみて下さい。

 

まとめ

今回の記事をまとめると、

  1. 具体的な目標にしよう
  2. 達成する確率50パーセントの目標にしよう
  3. 素直にやりたいことを目標にしよう
  4. 逆算して到達できる目標にしよう
  5. 日々の目標は、変化が目に見える目標にしよう

です。ぜひ参考にしてみて下さい。

では今回はこの辺で。

有難うございました。